【Kinuyaワークショップ】 ニードルタティング

 

『ニードルタティング』とは?

 

『ニードルタティング』は通常タティングレースを編むときに

使われる『シャトル』ではなく、『タティングニードル(針)」を使って編む「タティングレース」です。

 

ウィキペディアによると、『ニードルタティング』は

ヨーロッパ各地で、1800年代半ばより前には発祥していたの

ではないかと記されていて、

1900年代初頭には、その文化が徐々に広まって行ったようです。

 

そして、現在では、専用の針『タティングニードル』も商品化され、

外国では多くの愛好者が、楽しんでいる手芸となっています。

 

日本では昨年暮れに、和書では初の『ニードルタティング』の本が

発売され、ますます注目を集めている人気上昇中の手芸です。


<講習内容>

 きぬやでご用意している編み図の中から、お好きなものを編んでいただきます。

 ニードルタティングが初めての方は、基礎講習をお受けください。

*「基礎講習」の方はは、タティングニードル#5とリズベスレース糸の#10のご購入いただきます。


と き   月11日(火) 13:00∼15:00

       8 月 1日(火) 13:00∼15:00

ところ   きぬやアトリエ

料 金   *通常講習 2000円

      *基礎講習 3000円(タティングニードル#5 リズベスレース糸#10含む)

定 員   5 名

持参物   タティングニードル レース糸 レース針 糸切りハサミ


タテイングニードルのご紹介

こちらが、きぬやで販売しているタティングニードル全種類です。

 

右側の3種類は「Handy Hands」社のメタル製(金属)

のタティングニードルです。

右から 

「タティングニードル4本セット(#3、#5、#7、#8)」、

「タティングニードル5号(#5)」、

「ヤーンタティングニードル3本セット(#0、#1、#2)」

 

画像の左端の2種類は、Lasis社の木製のタティングニードルです。

右から

『TT80TATTING NEEDLE SET ”EBONY”(3,3.5,4㎜)』

『TT44TATTING NEEDLE SET"ROSEWOOD"(4,5,6 mm』

 

ご購入希望の方は オンラインショップへ、どうぞ。


 

 ニードルタティングは、糸の太さによって、針の太さを変える

必要があります。

 

レース糸100番手から、毛糸の並太くらいまで対応できる太さの針がございます。

 糸の太さとニードルの適応表は下記のページをご覧ください。

  *糸とニードルの適応表

 


   ★ ご予約は 店頭・お電話・メール・fasebookメッセージなでも、承ります!!★