kikurako(キクラコ)

「こぎん刺し」は今から約300年前に青森津軽地方で誕生し、受け継がれてきた民芸です。

当時の津軽地方の農家の女性たちの生活の知恵でもある「こぎん刺し」は身近にあった自然の物(花や木の実、昆虫まど)から模様を生み出したようです。

津軽地方は私の生まれ故郷であるため、幼い頃よりこぎん刺し作品を間近に見てきましたが、やがて上京し、こぎん刺しを見る機会も減り、その存在も忘れていました。 しかし、近年になって再びこぎんに触れる機会に恵まれ、その美しさに改めて感動し、作品を作り始めました。

幾何学的で完成されたこぎんの模様は、現在でもとてもモダンで美しいと思います。 当時の農家の女性たちのように、生活に寄り添うようなこぎん刺しの作品を作って行いけたらと思っております。

出店内容

 ワークショップ 『こぎん刺しのヘアゴムを作りましょう!』
    要予約   

津軽こぎん刺しの古典模様を刺してヘアゴムに仕立てましょう。

土台の生地とこぎん糸は、お好きな色を選んでお作りいただけます♪

ワークショップ料 / 2,400円(材料費込)

開催時間 / 1回目 11:00~13:00(4名様)←満席になりました

 2回目 13:40~15:40(4名様)

 

ご予約承ります。 当日のお申込みは、開催時間5分前までに済ませてください。

席に空きがある場合は、飛び入り参加OKです。

道具類は御貸ししますので、手ぶらでご来店ください。

 

......................................................................................................................