『kinuya手づくりPARTY'2015』出展内容ご紹介①


こんにちは!


昨日のブログでアップした『kinuya手づくりPARTY'2015』!


今日から日替わり形式で、出展内容を詳しく紹介させていただこうと思います!


皆さん、しっかり当日までチェックしておいてくださいね!




では、今日ご紹介する出展内容はこちら!



mari.てあみ・ししゅう教室

 日本の伝統刺しゅう

『こぎん刺しゅうでコースターを作ろう!』


●講師 阿部まり子

    mari.てあみ・ししゅう教室主宰

    RCCカルチャースクール講師

    日本手芸普及協会師範

 http://www.mari-shisyu.com/index.html

●講習料 700円

●1/22(木)のみ 13:00~16:00

●定員 先着10名様

 


きぬやでもお世話になっている、刺しゅう・編み物講師の阿部まり子先生による、青森伝統刺しゅう「こぎん刺し」です!

 

その昔、青森津軽地方の農民は麻の着物しか着ることが許されておらず、冬の寒さを防ぐことができませんでした。

そのため昭和になって木綿の糸が手に入るようになると、保温性を保つため、布目を木綿糸で埋めるように刺しゅうしたのがこぎん刺しの始まりです。

最初は寒さをしのぐためだけの刺しゅうが、段々と装飾性の向上により、美しい柄が沢山生まれたのだそうです。

 

そんな歴史的背景があり、最近人気が出ているこぎん刺しを、もっと身近な作品作りで楽しんでみませんか?

 



一般的に使われている刺しゅう糸や、コングレス等の刺しゅう布を使ってこぎん刺しを楽しむこともできますが、今回は本場『青森』のこぎん布と、こぎん刺しゅう糸をご用意。


結構手に入りにくい材料なので、これは貴重ですよ!


麻布は紺か白のどちらかを選べます。


糸も何色かご用意してますので、お好きな色をお選びください。


刺す模様は左画像のサンプラーから、お好きなものを選べます。

(画像をクリックすると、拡大してご覧になれます)


当日同じものをご用意しておりますので、実際に見てから決めていただいても構いません。



 

『こぎん刺しゅう』のワークショップは先着10名様です。

 

予約もお受けしておりますので、メール、お電話、ご来店等でお申込み下さい!

 



『きぬや』は、広島から手芸の材料、オーダーバッグ、ワークショップなど、「手作りの楽しさ」をお届けするお店です。 ボタン、洋裁材料、刺繍材料、タティングレース用品、バッグ材料など、初心者からプロの方まで幅広い手芸ファンのみなさまの素敵な作品作りのお手伝いをいたします。 専門スタッフによる毎月開催中の「バッグ教室」、「タティングレース教室」、「刺しゅう教室」では多彩な作品作りでご好評を頂いております。