カンタン手づくりプチ講座・Rebornさんのバレッタ


熊本はインド・アジアの民族手芸品を扱う「Folk Material Reborn(フォーク・マテリアル・リボーン)」さん。

限定販売期間中にだけアップする『カンタン手づくりプチ講座』でございます!(^▽^)

 

さて、今日のお品はこちら!

インドのリボンを使ったバレッタでございます!

 


 

用意するもの

✱市販のバレッタ(木製、プラスチックなんでも良し)

✱バレッタに合わせた幅のリボン

✱スパンコール(なくてもOK)

✱両面テープ

✱ハサミ

✱針(スパンコールを付ける場合)

✱糸(スパンコールを付ける場合)


画像は参考例です。

用意したバレッタに合わせた幅のリボンを選びましょう。

カットする長さは、バレッタより3cm余裕を持ちます。

 


 

リボンをそのまま付けるのでも十分ですが、ちょっと手間を加えると見栄えがするものです。

 

このリボンの場合は、柄の一部にスパンコールを縫い付けることにしました。

 

ちなみにスパンコールはイドラさんの商品に色々ありますよ♪

 

スパンコールの色に合わせた糸でひとつづつ縫い付けていきます。


 

リボンの裏面全体に両面テープを貼り、バレッタに貼りつけていきます。


 

リボンの端をあらかじめ5mmぐらい折っておき、バレッタの裏面に貼りつけます。

 

これで完成!

 

両面テープで付いているだけなので、飽きたら別のリボンに「衣替え」できますし、好きなリボンで何個か作るのも楽しいですね♪


 

両面テープはきぬやで販売しているこちらのものがオススメ!

 

伸縮性があり、強力で、バッグ作製でも大活躍のスグレモノなんです。

 

まれに貼りあわせの素材が合わないものもあるので、テストしてみてくださいね。


基本的に難しいテクニックはありませんが、わかりにくい所などがありましたらご購入後に作り方のアドバイスをしますので、お気軽にスタッフにお尋ねください。

 

ご来店お待ちしております!(^^)

 




『きぬや』は、広島から手芸の材料、オーダーバッグ、ワークショップなど、「手作りの楽しさ」をお届けするお店です。 ボタン、洋裁材料、刺繍材料、タティングレース用品、バッグ材料など、初心者からプロの方まで幅広い手芸ファンのみなさまの素敵な作品作りのお手伝いをいたします。 専門スタッフによる毎月開催中の「バッグ教室」、「タティングレース教室」、「刺しゅう教室」では多彩な作品作りでご好評を頂いております。